悪質な内職商法業者

悪質な内職商法業者になると、お客とのトラブルに対応するノウハウも十分持っていますので、万一トラブルに巻き込まれてしまった時には、個人で対応するよりも消費者センターなどに相談するのが得策です。なお、すべての内職商法業者が悪質であるとも限りませんが、怪しい内職斡旋業者には最初から近づかないことです。



すべての内職商法業者が悪質業者であるとは言い切れませんが、「誰でも簡単に出来る」、「自宅に居ながら高収入」などの甘い言葉には惑わされないことです。もし、悪質な内職商法業者とトラブルになってしまったら、個人で解決しようとはせずに消費者センターなどの公的機関に相談するのが得策です。



中には昔ながらの良心的な内職斡旋業者も存在しますが、内職は一般のアルバイトに比べて給料が低く仕事内容にもよりますが時給に換算して200円から600円が相場です。ですから雑誌の公告やホームページなどで「簡単に月収10万円」などと書かれているのは非常に怪しい内職商法業者であると思って間違いないでしょう。



すべての内職商法業者が悪質業者というわけではありませんが、甘い言葉で勧誘し高い商品を買わせる内職商法業者が多いのが実情です。もし悪質な内職商法業者とトラブルになってしまったら、相手はプロですから一人で解決しようとはしないで、恥ずかしがらずに消費者センターや弁護士などに相談することをお勧めします。



悪質な内職商法会社といったん契約してしまうと、個人で苦情を言ってもうまく丸め込まれたり、脅されてクーリングオフをできないようにされてしまいますので、もしトラブルに巻き込まれた際には消費者センターなどに相談するとよいでしょう。もっとも最初から簡単に儲かる怪しい話には乗らないのが一番です。
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。