内職商法と呼ばれる悪徳商法が横行しています

内職商法とは、「初心者でも簡単に仕事ができる」、「誰でも簡単に資格が取れる」、「簡単なテストを受けるだけ」、「月何万円の収入が得られる」などと勧誘し、仕事に必要な道具や教材を買わされたり、登録料や年会費などと称して多額の金銭を要求してきたりする悪質商法のことです。



内職商法とは、「自宅に居ながら簡単に高収入」とか「好きな時間に仕事ができる」などとうたって内職を斡旋する悪質商法のことです。実際には仕事に必要だからといって高額な道具を買わされたり、仕事には資格が必要だといって高額な教材を買わされたり、あるいは高額な年会費や登録料を請求されたりします。



内職商法といえば、もともとは内職を斡旋する商売のことなのですが、最近では悪質な内職斡旋業者が増加したことにより悪質商法の意味合いで使用されることが多くなっています。「自宅で簡単」、「高収入保証」などの勧誘文句につられて契約してしまい、高額な材料・道具を買わされたり高額な登録料を請求されたりする被害が後を立ちません。



近年、内職商法による被害が増えています。内職自体は昔から存在するシステムであり、以前は自宅で小物作りなどに励む主婦をよく見かけましたが、最近では悪質な内職斡旋業者が台頭し内職商法として社会問題にもなっています。内職を紹介する前に、高額なチラシ、材料や教材を買わせたり、高額な登録料を請求してくる業者は悪質業者と見てよいでしょう。



内職商法と呼ばれる悪徳商法が横行しています。内職斡旋自体は問題ないのですが、悪質な内職商法業者になると、誰でも簡単に仕事ができる、資格をとれば仕事を紹介する、即収入につながる、などと勧誘し、資格をとるのに必要だといって高額な教材を買わせたり、仕事の紹介に必要だといって高額な登録料を請求したりします。

悪質な内職商法の例

内職商法としては、古くからあるような小物作りだけではなく、最近ではパソコンを使った在宅ワーク、ブランド品・化粧品などの代理販売、ティッシュ配り・チラシ配りなどのアルバイトも含みます。ところが実際には仕事がなかったり、製品の出来栄えが悪いと言われて報酬を減らされたりするのが内職商法の実情です。


ところが、高額な教材を購入しても資格をとるのが非常に難しかったり、高額な道具を購入しても作業自体が非常に難しかったり、高額な登録料を支払っても仕事が一向にもらえなかったりするのが内職商法の実情です。悪質な内職商法業者はあなたのお金を狙っているだけなのです。


内職商法の例としては、以前からある小物作りや最近ではパソコンのデータ入力やワープロ打ちなどが挙げられます。しかしながら、悪質な内職斡旋業者になると、小物作りでは製品の出来が悪い、パソコン入力やワープロ打ちでは誤字脱字が多いなどとケチをつけてきて、報酬をろくに支払わないのが内職商法の実情です。



悪質な内職商法の一例として、チラシやティッシュの配布、宛名書き、パソコンデータ入力、ホームページ作成、ワープロ打ちやテープ起こしなどが挙げられます。しかしながら実際には、パソコンやワープロの作業内容が難しすぎたり、いくらチラシを配布しても注文が来ないといって報酬がもらえないといったケースが続発しています。



例えばパソコンを使った内職商法では、パソコン検定やマイクロソフトの資格などが求められ、教材費、講習費、学習ソフト、学習ビデオなどを購入させられるケースがあります。がんばって資格をとっても仕事がもらえないか、仕事をもらえたとしてもタイプミスが多いなどとケチをつけられ報酬をもらえないケースもあります。

内職悪徳商法

内職の紹介と引き換えに商品や教材を売りつける行為は「業務提携誘引販売取引」として特定商取引法で規制されており、内職商法業者は契約前には契約の概要を記載した書面を、契約後には契約内容を記載した書面を交付しなければならないことになっています。また20日間のクーリングオフ制度も認められています。



仕事の斡旋を条件として商品や教材を売る行為は「業務提携誘引販売取引」と呼ばれ、特定商取引法の規制対象です。内職商法業者は勧誘時には「概要書面」と呼ばれる契約内容の概要を記載した書面を、契約時には詳細な契約内容を記載した書面を交付しなければなりません。また通常の通信販売等よりも長い20日間のクーリングオフ期間が設けられています。



内職商法のように仕事を紹介することを条件として商品や教材を売りつける悪質な行為は、特定商取引法では「業務提携誘引販売取引」と呼ばれて規制されており、内職商法業者は契約前には契約概要を記載した書面を、契約後には契約内容を詳細に記載した書面を交付する義務があります。また、通常の契約よりも長い20日間のクーリングオフ期間が設定されています。



このように仕事を紹介すると言って高額な商品や教材を売る内職悪徳商法は特定商取引に定める「業務提携誘引販売取引」に該当し、法規制の対象です。内職商法業者は契約前の勧誘時には契約内容の概要を記載した書面を交付する義務が、契約時にはこれとは別に詳細な契約内容を記載した書面を交付する義務が課せられています。



特定商取引法では、内職商法を「業務提携誘引販売取引」と定め、内職商法業者が内職や仕事の紹介・斡旋を前提に教材や商品を販売する際には、契約内容を記した書面を交付することや、通常の訪問販売や通信販売よりも長い20日間のクーリングオフ期間を設けることなどを義務付けています。

悪質な内職商法業者

悪質な内職商法業者になると、お客とのトラブルに対応するノウハウも十分持っていますので、万一トラブルに巻き込まれてしまった時には、個人で対応するよりも消費者センターなどに相談するのが得策です。なお、すべての内職商法業者が悪質であるとも限りませんが、怪しい内職斡旋業者には最初から近づかないことです。



すべての内職商法業者が悪質業者であるとは言い切れませんが、「誰でも簡単に出来る」、「自宅に居ながら高収入」などの甘い言葉には惑わされないことです。もし、悪質な内職商法業者とトラブルになってしまったら、個人で解決しようとはせずに消費者センターなどの公的機関に相談するのが得策です。



中には昔ながらの良心的な内職斡旋業者も存在しますが、内職は一般のアルバイトに比べて給料が低く仕事内容にもよりますが時給に換算して200円から600円が相場です。ですから雑誌の公告やホームページなどで「簡単に月収10万円」などと書かれているのは非常に怪しい内職商法業者であると思って間違いないでしょう。



すべての内職商法業者が悪質業者というわけではありませんが、甘い言葉で勧誘し高い商品を買わせる内職商法業者が多いのが実情です。もし悪質な内職商法業者とトラブルになってしまったら、相手はプロですから一人で解決しようとはしないで、恥ずかしがらずに消費者センターや弁護士などに相談することをお勧めします。



悪質な内職商法会社といったん契約してしまうと、個人で苦情を言ってもうまく丸め込まれたり、脅されてクーリングオフをできないようにされてしまいますので、もしトラブルに巻き込まれた際には消費者センターなどに相談するとよいでしょう。もっとも最初から簡単に儲かる怪しい話には乗らないのが一番です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。